Total: Today:
 

漆喰のシーサー

 
          沖縄では、屋根の上に居たり、玄関の門扉に鎮座しているシーサーです。私は、中でも漆喰の素材のシーサーが好きでした。

         このシーサーが私の処に来た経緯は、織物の基礎を学び終えて名古屋に戻ってから、3年ほど経って再度沖縄に機織り道具を

         注文に行った帰る日のことでした。いつも、良い物があるお店に入った玄関先に居たのです。
         お店の人に尋ねると、本土からこのシーサーの注文が2体あり、運送過程での破損に備えて、瓦屋職人さんに3体作ってもらった。
         ・・・で、無事に2体納まったので、この1体は出番なく、ここに居るわけさぁ。・・・とのこと。 
         この容姿のシーサーは、瓦屋職人さんが作らなくなって久しく、探して手に入ることは無いと、諦めていたシーサーだったのです。
         ですから、偶然の出会いに大喜びで、即!買い求めました。 
         それ以来、私の機織仕事を見守ってもらっています。
シーサー:身長 36cm×胴回り 68.5cm 

 
 
 
 
当書類の内容を、著者に断り無くコピーしないで下さい。
Copyright ©1990-2009, Yoshie IMURA, All rights reserved.