いわた・きよし の ホームページ 総合目次 へようこそ!

   

いわた・きよし 1993年「国展」出品作の 「ピクロール」表示

「ピクロール」とは、(株)イソップ・よしてっくす事業部の「動く絵巻物」を指し示す商品名です。
このプログラムに乗った私の アルゴリズム版画 の部分画像は実物のほんの一部分ですが、画面を斜めに切り取ったことで、 1993年、鑑賞者ではなく、作者の私自身が感じ取った「芸術的感動」とは異なった「何か」、そして 2007年、縦に切り取った画面で再挑戦して、やはり、鑑賞者ではなく、作者の私自身が感じ取った 「芸術的感動」とも異なった「何か」を感じ取ることができました。 真空管がまだ使われていた時代からコンピュータ(電算機)と付き合った50年の時間は、 決して無駄ではありませんでした。 今、上述画像等々を創造するために培った知見が、 数理科学解析可視化処理手法 の範疇を遥かに超えて、米国、シンガポール、中国、日本で、 暗号・認証の究極の「情報技術安全保障システム(略称:ITSS)」知財として特許を認められるところまで到達しました。 あまりにも広範囲の知見と技術の集大成なので、この全貌を正しく理解・評価して頂くのも大変だということで、 「いわた・きよしの拓学辞典」を作ることを決心しましたら、 これがまた予想外の関心をもたれました。「まだまだボケてはいられない」と自戒して頑張る今日この頃です。 で、 ツイッターも始めました

 

私のメインホームページはこちらです。

 

私の「非算法系芸術」の履歴と画像索引。

 

私の「算法系芸術」履歴と画像索引。

 

私の「色彩理論」「解析可視化処理理論」など。

 

思いがけないほど好評を頂いています、いわた・きよしの「拓学辞典」

 

「非芸術系算法画像(静止画・動画)」の画像索引。

 

今後も頑張ります。私の履歴

 
 
 
 
 

いわた・きよし

Since : Jan. st, 2008   Last modified : May 22nd, 2011

このホームページの内容を、著者に断り無くコピーしないで下さい。
Copyright ©2002-2011. Kiyoshi IWATA & YoshiTex,AESOP Corp., All rights reserved.