Since : Nov. 2, 2008  Last Update : Jul. 8, 2010

 

索引

       
    λ μ

 

 

アイグラム⇒i-gram: アイティ−エスエス(ITSS)の実印型情報セキュリティ・サービス事業登録商標名。
アイティー⇒IT: 情報活用術。この究極の活用法は公的・半ば公的にも援用できなければならない。しかしながら、現状はその域に全く到達していない。
アイティ−エスエス⇒ITSS: 究極の情報セキュリティ方式。及び、この方式を中核にした情報・通信・交通・製品・サービス等々の安全保障の総称。
アイティー産業: IT援用を「ウリ」にする産業。IT技術を研究開発する産業、ITを提供するサービス産業等々の総称。 
アトラクタ(attractor): カオスやフラクタルを理解する上で重要な数理科学用語。⇔サドル。
アニメーション・ロゴ: アニメーションで表示されるロゴ⇒ 株式会社イソップのアニメーション・ロゴ
油絵: 油性絵具で主としてキャンバスに描く絵画=オイルペインティング。ただし厳密な定義ではなく、アクリル絵具やペンキで描かれた油絵も存在する。
アルゴラート⇒アルゴルアート
アルゴリズミック(Algorithmic): 演算法に基づいた=理路整然とした=一点の狂いも無い。
アルゴリズム(Algorithm): 演算法、算法。
アルゴリズム版の版画MicroMap。アルゴリズム考察を絵師、プログラミングを彫師、プリンティングを刷師の仕事とする、今様かつ最新手法の版画。
アルゴリズムアート(Algorithmic Art): 算法芸術。コンピュータとその周辺機器をツールではなく生産装置として活用した行為とその成果物(作品・商品)。
アルゴルアート(AlgorArt): いわた・きよしのアルゴリズミックアートの総称。
暗号: 元来の目的は、2000年前のシーザー暗号。これを拡張してIT環境下で活かすためには、暗号と取扱者・取扱物の時空間不可分の認証が不可欠。
暗号化: 平文(普通に読める文章、見られれる図形、聞かれる音楽など)を、関係者以外には読めなく、見えなく、聞こえなくすること。
暗号処理: 元来、文字情報を第三者に秘匿して送受信するための処理。究極の暗号処理ITSS方式は画像も音声も実行プログラムも秘匿送受信する。
暗号 認証 時空間不可分型ITセキュリティ: 暗号処理と認証処理とが時空間的に切れていないことが特長の「ITSS方式」の情報安全保障の別称。

イソップ株式会社イソップ
イソップ寓話(Αισώπου Μύθοι): 古代ギリシアのアイソーポス(イソップ)が作ったとされる「北風と太陽」などの寓話。
イソップロゴ⇒株式会社イソップのアニメーション・ロゴ⇒ 株式会社イソップのアニメーション・ロゴ
板目: 
板目木版: 
今様: 
井村好枝: 私の愛妻。
井村好枝の「えとせとら」: 織作家としての彼女の、過去の経験を踏まえた上での、未来への展望日記
井村好枝の「徒然花」: 主として私が撮影した花の写真と、その写真を素にした私の版画についての、彼女の感想日記。
井村好枝の展覧会出品履歴
いわた・きよし: 私自身の履歴要約。
いわた・きよし メインホームページ: 私個人のメインホームページ。
岩田清独自の暗号処理方式の世界に類例が無い長所: 「究極の」と言われている所以を、技術面から時系列に沿って紹介。
岩田清独自の解析可視化技術⇒五個の極めて重要な知的財産
岩田清独自の情報交通の大渋滞解消方式の他に類例が無い長所⇒ITSS資料
岩田清独自の認証処理方式の他に類例が無い長所⇒ITSS資料
いわた・きよしの「音の版画」⇒サウンドカット
いわた・きよしの「カオティックファンタジィ」⇒カオティックファンタジィ
いわた・きよしの「でもぐろびん」⇒でもぐろびん
いわた・きよしの「ピクロール」⇒ピクロール
いわた・きよしの「二十四節気版ピクロール」⇒ピクロール24
いわた・きよしの「フォトカット」⇒フォトカット
いわた・きよしの「フラクタルファンタジィ」⇒フラクタルファンタジィ
いわた・きよしの「ぽえじまぁじゅ」⇒ぽえじまぁじゅ
いわた・きよしの「ポストドロウ」⇒ポストドロウ
いわた・きよしの「マイクロマップ」⇒マイクロマップ
いわた・きよしのホームページへようこそ!: 私の美術系だけに絞った履歴的ホームページ。
いわた・きよしの2008年国展出品作:Micro Map 2008:「ポストドロウ」「フォトカット」「ポストカット」と「マイクロマップ」による二重複眼作品

ヴァ⇒バ
ヴィ⇒ビ
ヴ⇒ブ
ヴェ⇒ベ
ヴォ⇒ボ
ウェブ: World Wide Web(ワールド ワイド ウェブ、略名:WWW)、インターネット上で提供されるハイパーテキストシステム。
浮世絵
浮世絵版画

絵: 絵画、油彩画、水彩画、日本画、墨絵、ピクチャー、タブロー、スケッチ、イメージなどを、全て絵と呼ぶ。つまり、専門的定義は存在しない。
エクスピット(ExpIT): 情報技術安全保障システム「ITSS」の内、認印型(認証が民間レベル)の商品名。

黄金比率
お絵描きソフト
音の版画:
オシロスコープ
オノマトペ(仏 onomatopée): 擬声語、擬音語、擬態語とも言う。
オパールグラデーション: 「ITSS電子封筒」の重要知財としても活躍する、私独自の「小数部抽出法」と「偏角可視化法」とに拠る「虹色ぼかし」の事。
オフィスアクション: 特許庁から特許取得代理弁理士に対し、特許請求項が複数で一部許可一部拒絶となった案件において出される請求内容確認書。
親集合⇒フラクタル親集合
温故知新: 古きを尋ねて新しきを知る。 究極の情報セキュリティ「ITSS」においても、これを実践して、究極の知見・知財を得ることに成功している。
解析可視化処理技術: 解析処理技術と可視化処理技術との有機的な融合によって初めて実用化できる処理技術。
解析可視化ツール
解析処理手法
解析数学レベルの厳密さ: 司法的証拠として、確率数学では絶対に保証し得ない、小数点以下14桁までの演算精度を保証するということの例え。
解像度
カオス
カオス暗号: 情報隠蔽手段としてカオス理論関連技術を活用して暗号化し、それを平文化する方式の暗号。
書き込み時間
可視化処理: 全く見えないか、見えていても見落としてしまうような不確かな視覚情報を、万人に確実に見せることを目的とした手法。
画像
画像処理
(株)イソップの、株式会社イソップとしての経済的展望
株式会社イソップ(AESOP Corp. 略称:(株)イソップ): 
株式会社イソップ起業の目的
株式会社イソップのアニメーション・ロゴ(目次)
株式会社イソップのアニメーション・ロゴ(20秒)
株式会社イソップのアニメーション・ロゴ(30秒)及び 解説
株式会社イソップのアニメーション・ロゴ(45秒)
株式会社イソップのアニメーション・ロゴ(50秒)
株式会社イソップのアニメーション・ロゴ(75秒)及び 解説
株式会社イソップのアニメーション・ロゴ(90秒)及び 解説
株式会社イソップのメインホームページ
画面
画面構成
カラフォン:
関数
木口⇒木口(こぐち)。木は、木口、木っ端、梢(=木の末)、木枯らし、木の葉等々では、「き」ではなく「こ」と発音する。= 古代日本語の名残
貴重な情報の安全を守るためには、暗号化は避けて通れない道: 暗号化の必要性について。
究極の情報技術安全保障: 「究極の」とは、ITSSの長所の一を聞いて十を知り『自国製ならば即買いたい。』と言った某国特務機関高官の誉め言葉。
究極の情報セキュリティ: 「究極の」とは、ITSSの長所の一を聞いて十を知り『自国製ならば即買いたい。』と言った某国特務機関高官の誉め言葉。
究極のITセキュリティ「ITSS」の世界に類例の無い長所について: 「究極の」と言われている所以を、技術面から時系列に沿って紹介。
共通鍵: 送信者と受信者が暗号化処理と復号化処理とで共通して使う対称(シンメトリ)の鍵。
共通鍵暗号: 送信者と受信者が暗号化処理と復号化処理とで共通して使うために鍵が対称(シンメトリ)の暗号。単純なので破られ易い。
クラウドコンピューティング: 大型コンピュータを有する会社が、コンピュータの余力をインターネットを介してユーザーに貸し出すサービス事業のこと。
形式美
公開鍵:  公開鍵暗号で使われる二種類の鍵の内の公開する鍵(=パブリック鍵)⇔秘密鍵(プライベート鍵)。
公開鍵暗号: 暗号化処理(エンコード)するための鍵と復号化処理(デコード)するための鍵とが非対称な暗号。
公証: 公的(半ば公的)な認証。ITを真に活性化させるためには、IT情報が信頼性をリアルタイムで公的に保証されていることが何よりも重要である。
公証役場機能: 情報セキュリティはデジタル的に公証役場機能が常時介在しなければ絶対に「究極なもの」にはならない。
公証役場常時介在型情報セキュリティ: 究極の情報セキュリティ「ITSS」方式の別称。
合成データ極限圧縮手法
高品位: hight dignity
高品位汎用「フォトカット」: 画面全体から受ける雰囲気(Atmosphere)・気分(Mood)・趣(Elegance)・気品(Grace)・品位(dignity)が高級な「フォトカット」。
国画会: 毎年春に展覧会国展を開催して来た美術団体の一つ。既に80回を超える重みと、その古いがゆえの弊害の重みを併せ持っている。
国際特許: 日本以外の国々にも特許権を有する特許。
木口木版画: 日本伝統の木版画は版材として木材の板目を使うが、これに対して木質の印鑑同様、木材の木口(年輪が輪状に見える)面を使う木版画。
木口木版画風「フォトカット」: 画面全体から受ける雰囲気(Atmosphere)・気品(Grace)が、木口木版画風である「フォトカット」。
国展:  国画会が主催する公募の展覧会の名称。国画会展覧会の略称。第81回展からは、メイン展覧会場を新国立美術館に移した。
五個の極めて重要な知的財産: いわた・きよしの知的財産の内、特に重要な五個の「知見」を「知財」に変えるためのビジネスプラン
子集合⇒フラクタル子集合
コピー
コピー版の版画
固有振動周期性解析可視化処理手法: 座標(=デカルト座標・極座標)には、座標固有の周期性を有した揺らぎ=振動が有ることを視覚証明する手法。
固有振動周期性探査法⇒固有振動周期性解析可視化処理手法
固有着色周期性解析可視化処理手法:  森羅万象は揺らぎを伴った動きを有する。この揺らぎを多様な色彩理論で極限まで解明する手法。
コンテンツ
コンピュータ(電子計算機)は・・・、元来、敵の暗号を短時間に解読して、味方の安全を図るために開発された電子機器です。: 
サドル(Saddle): カオスやフラクタルを理解する上で重要な数理科学用語。⇔アトラクタ。
三次元バーコード: バーコード、二次元バーコードの更なる拡張。識別コードを三次元空間に広げられる分、取扱情報の正確度・品位などが向上する。
三段構え暗号: (株)イソップ・岩田の国際特許知見・知財である情報技術安全保障「ITSS」の、一次二次三次と変異する暗号処理の特徴を現す言葉。
三段跳び暗号⇒三段構え暗号: 「ITSS」暗号の最重要知財の特徴を現す言葉。従来型暗号を走り幅跳び(一段)に例えた上での特徴比較。
シーザー暗号: 2000年前のローマ皇帝シーザーが使ったとされる、全文字のアルファベット順番を加算(暗号化)減算(復号化)させることで成す暗号。
視聴覚芸術: 目で見せ、耳で聞かせる芸術。単に美術とか音楽ではなく、美術+音楽を超えて、美術×音楽、ときに美欝×音楽×文学を目指した芸術。
色彩芸術学: 例えば「音色(ねいろ)」という言葉があるように、色彩を音楽、文学など、美術以外の芸術分野の知見をも含めて 「拓学」する芸術学。
色彩工学: 色彩をRGBまたはCMY(CMYK)、または、XYZ、または、主波長、等々の数値で特定することによって万人の共有知財を図る色彩学。
色彩心理学: 「いろいろ」とか「いろっぽい」とか、人生体験に基づいて個々の色彩から受け取る感覚は十人十色。このような主観を対象とする色彩学。
色彩生理学: 色彩を受容器(眼)よりも、脳に重きを置いて、つまり三原色ではなくR−GとY−Bとの四原色の観点で、殊に、生理的現象を扱う色彩学。
色彩物理学: 色彩工学では工業活用を考慮し過ぎて時に無視される「等差色相」「濃度」等々に対しても配慮を怠らない、非実用な要素を含む色彩学。
色相: 色合い。 赤、黄、緑、青、紫といった色名は、色相の違いに基づいて呼ばれる。
時空間不可分: 暗号処理と認証処理とが切りわけられない物理的四次元の関係であること。究極の情報セキュリティが究極である為の必須条件。
システム(System): 
システム工学(System Engineering): システム性能を最大に発揮するため、システムに関わる人を含むを全ての要素の複雑な相互関係を設計すること。
システムの最適化(System Optimization): 
システム分析(System analysis): 何を遂行すべきかを最良に決定するために、機能、手順、方法、技術、商況を分析する事。
実時間(Quick Time): 数理科学的には「時間差ゼロ」は在り得ないが、司法的に「負の時間」を保証する事で社会の利便性を高める手段・手法の事。
周期性探査法⇒固有振動周期性解析可視化処理手法
重畳可視化法:   「波形要素解析法」を、 1回演算処理しただけでは「親集合」の「本体」しか解析できない事を改良した解析可視化処理手法。
集団学: 拓学、直伝、独学ではなく、集団で人を学ばせる学。幼稚園、小学校〜大学、大学院、カルチャーセンター、社内研修等々の学。
主人の思いに忠実な有能ロボット: ド下手な者に強烈指導をしたくても人格を考慮して徹し切れない私が考え出した生産性向上を果たす唯一の策。
省時間: ただ単に時間の節約というのではなく、人間なのだから、人間らしい知恵と努力でもって、単位時間の内容を充実させることが真の省時間。
使用時間無制限・使用容量無制限: 使用する環境に、時間的・空間的な制限がないこと。クラウド時代の情報セキュリティーに求められる必須条件。
正直: 正しく素直なこと。嘘偽りが無いこと。行いに影日向の区別がないこと。
正直者: 正直な人。
正直者が莫迦を見ない社会: 仏教で言う極楽、キリスト教で言う天国のような社会。悪が蔓延らない社会。苦、難などの文字が要らない社会。
正直者が莫迦を見ない社会を構築するためには: 昔は人々に地獄をイメージさせるだけで、それなりの効果が得られたが、現在は「ITSS」が不可欠。
正直者が莫迦を見る: 正直であるが故に、性悪なものの企みに載せられて損害を蒙ること。
省資源: ただ単に資源の節約というのではなく、人間なのだから、人間らしい知恵と努力でもって、単位資源の活用内容を充実させることが真の省資源。
小数部抽出: 漸化式の反復演算回数から数理科学的に意味の有る小数部を抽出すること。
小数部抽出手法: 漸化式の反復演算回数から数理科学的に意味の有る小数部を抽出する、私の特筆的知見・知財。
小数部抽出手法の開発目的と経緯: 漸化式の反復演算回数から数理科学的に意味の有る小数部を抽出することを思いついた経緯。
小数部抽出手法の信憑性・信頼性について: 漸化式反復演算回数小数部抽出可視化処理手法の信憑性・信頼性の視覚証明を伴った詳細な解説。
小数部抽出手法の信憑性・信頼性の視覚証明アニメーション・秒3コマ版: 漸化式反復演算回数小数部抽出可視化処理手法活用の動画・秒3コマ版
情報隠蔽媒体: 秘匿送受信情報を第三者に知られなくするための媒体。暗号ソフト、パスワード付きアーカイバでは演算式。私の「ITSS」では特許手法。
情報技術安全保障: 真の情報技術安全保障は、(株)イソップ・岩田の国際特許「情報の暗号化送受信方式」システムの具現で、初めて実効する。
情報技術安全保障システム: あらゆる情報を安全保障する為の(株)イソップ・岩田の国際特許「情報の暗号化送受信方式」を援用するシステムのこと。
情報セキュリティ: 20世紀末までは、広義の暗号(狭義の暗号+認証)処理手段。21世紀では時空間不可分」が必須となった。
情報の暗号化送受信方式: 究極の情報技術安全保障システム(略称:ITSS)。狭義の暗号送受信を含む、上位互換の情報セキュリティー知見・地財。
省労力: ただ単に労力の節約というのではなく、人間なのだから、人間らしい知恵と努力でもって、単位労力の内容を充実させることが真の省労力。
信号情報波形n分割要素解析可視化処理手法
水彩画
水彩刷り
水彩刷り木版画風「フォトカット」: 画面全体から受ける雰囲気(Atmosphere)・気品(Grace)が、和紙に水彩馬簾刷り板目木版画風である「フォトカット」。
数理拓学者: 従来の数理科学の定説を鵜呑みにするのではなく、常に真実を求めて新たな学研の途を切り拓くことを良しとする数理科学者を指す敬称。
スーパーコンピュータ: スカラ演算型の汎用コンピュータよりも演算能力が超高速で可能なベクトル演算型大型コンピュータ。超並列型仕様のものもある。
スライドショウ: 従来のスライドを表示するように、CG画像を順次表示すること。
スライドズーム: スライドショウ技法と指数関数的トリミング技法とを駆使することによって、特定の被写体の特徴を視覚的に強調するCG画像処理手法。
請求項(クレーム)
石版画
セリグラフ: 孔版画の一種。シルクスクリーン版版画、略して、単に「シルク」と言う人もいる。
漸化式: 次々に近似値を求め計算して行く方法。Rrecursion formula。Recursion relation 再帰関係とも言う。
漸化式法: 微分方程式を数値的に解く方法。導関数を有限差分化し、次々の離散的解関数近似値を漸化式の形に書き換え、次々に近似値を求める。
粗製乱造
第一次暗号
第三次暗号
第ニ次暗号
大量供給
拓学: 他人が踏み固めた道を気楽に歩むのではなく、受け売り・知ったか振りをするのではなく、道なきところに自から信ずる道を積極的に開拓する学。
拓学(自ら開拓して行く学拓学)について: 私が「拓学」という言葉を思い付いた謂れ(1950年当時の疑問と閃き)、そして、現在。
拓学的改良: 眠っているときでさえ脳を働かせることに拠って閃き得られる究極の改良手段。「 拓学 の極み]と言うべき、知見・知財の改良手段。
多元芸術: 例えば、オペラは、音楽要素と文学要素を主体に舞台美術要素が有機的に組合って出来た多元芸術。
多元芸術家: 多元芸術を制作する・行う作家。
多元多層: 多数の元(次元)と多数の層(階層)=究極の情報セキュリティを実現するためには絶対不可欠な要素。
多次元バーコード: バーコード、二次元バーコード、 三次元バーコードの更なる拡張。識別コードを多次元空間に広げられる分、確度・品位が向上する。
地球規模
地財応用実施権
着色最適化: ターゲットになる人が確実に、様々な目的に合致した感受性反応・理解・行動をとるように着色を図ること。
着色測距法⇒固有着色周期性最適化手法
超高精細汎用「フォトカット」: 画の精細(Detail)度が極めて高いので、受け取る雰囲気(Atmosphere)・品位(Dignity)が良好な汎用の「フォトカット」。
超多元排他的論理輪:
超多元多層排他的論理輪:
手仕事: 一般に「手の働き」と理解され、ともすれば、頭脳の働きと手の先にある道具の働きが無視されたものまでが「手仕事」として重宝されている?
デジタル
デジタル私書函⇒ITSS電子私書函
デジタル封筒⇒ITSS電子封筒
デジタルポスト⇒ITSS電子ポスト
電子あぶり出し暗号: 電子的に、あぶり出し技法を活用した暗号。ステガノグラフィとも言う。
電子印鑑: 電子的に印鑑として働く機能。電子実印と電子認印との区別を付けることがが重要。
電子公証: 電子化(デジタル化)された公証。
電子公証役場⇒ITSS電子公証役場
電子私書函⇒ITSS電子私書函
電子自治体: 
電子実印: 電子印鑑として働く機能の内、電子公証役場機能と連動して司法的証拠性を有するもの。(株)イソップ・岩田の国際特許の一つ。
電子政府: 
電子封筒⇒ITSS電子封筒
電子ポスト⇒ITSS電子ポスト
電子認印: 電子印鑑として働く機能の内、司法的証拠性を有さないもの。
動画ロゴ: アニメーションで表示されるロゴ=アニメーション・ロゴ⇒ 株式会社イソップのアニメーション・ロゴ
どうして⇒何故
どうして?⇒何故?: 「どうして?」=「どうして」+「?」。
動的「電子封筒」: 視聴覚的な動きを伴った「(ITSS)電子封筒」。(株)イソップ・岩田の、国際特許知見・知財。
銅版画
銅版画風「フォトカット」: 画面全体から受ける雰囲気(Atmosphere)・趣(Elegance)・気品(Grace)が、銅版画風である「フォトカット」。
何故: 
何故?: 「何故?」=「何故」+「?」。
何故なら⇒何故ならば: 「何故ならば」=「その訳は」=「その理由は」
何故ならば
何ゆえに⇒なぜ
認証: 特定の「ひと」「もの」「こと」「とき」「ところ」を、他とは異なる「ひと」「もの」「こと」「とき」「ところ」として認識し、それ相当の証を与えること。
認証媒体: 情報通信時において、その「人」「物」「事」「時」「所」が本物であることを証明する媒体。従来の認印、印鑑証明付き実印に相当する「物・事」。
認証の重要性: 「認証が暗号よりも重要」との認識は、暗号の専門家においても極めて低い。それ故、本物の暗号情報が偽物と認識される場合がある。
排他的論理輪
波形要素解析法⇒信号情報波形n分割要素解析可視化処理手法
パーソナルコンピュータ(略称:パソコン)
パテントトロール(Patent Trawl): 特許権取得年月日を盾に、類似の特許権所有者から、高額な特許権侵害賠償金を取り立てること。
版画
版画らしさ
半寝半起き: 「レム睡眠」とも「瞑想」とも違う半分寝て半分起きていることに因って常識の壁を突き崩すことが出来る私の更なる新たな知見獲得手段。
反復演算
反復演算回数小数部抽出可視化処理手法
非可逆: 順方向と逆方向とが同じ処理・手順ではないこと。コンピュータの整数演算は、1×3÷3=1、1÷3×3=0で、×と÷の関係は非可逆である。
光ハウリング: マイクをスピーカーに近づけ過ぎたときに起きる「ハウリング」の光バージョン。 ビデオカメラの視界にモニタが入ったときに起きる。
ピクロール: ピクチャー スクロール(Picture Scroll)の略称。(株)イソップ・よしてっくす事業部の「動く絵巻物」を指し示す商品名。
非線形算法動画: 複素力学系フラクタル画像またはカオス画像を生成する関数 (ジェネレータ)による算法(アルゴリズム)系動画(アニメーション)。
人手を解することなく: 情報セキュリティーを完璧なものにするための必須条件。人ほどアテにならないものはないことへの最善の対処法。
曾孫集合⇒フラクタル曾孫集合
フォトカット: 情報可視化処理のいわた・きよし独自の方式、当方式を基盤にしたアプリケーションツール、及び、当方式を活用して制作された美術作品。
フォトカット処理: 情報可視化処理の、いわた・きよし独自の方式を最大活用して、画像の資格認識性を高める処理方式のこと。
複眼: 
複眼スライドショー: 複眼構成されたスライドショウのこと。例えば、 井村好枝の「徒然花」の「オールドスタイル」の目次
複眼リサーチ: 複眼構成されたリサーチシステムのこと。例えば、 複眼リサーチ(黒) 複眼リサーチ(白) 複眼リサーチ(試験管)。
複素ニ次関数
複素三次関数: 複素変数を3個持つ関数。従って解析対象は三次元(=無数の二次元断面)。この次元の格上げが情報隠蔽・電子印鑑要素と成る。
複素四次関数
複素力学系フラクタル:
フラクタル:
フラクタル暗号: 情報隠蔽手段としてフラクタル理論関連技術を活用して暗号化し、それを平文化する方式の暗号。
フラクタル集合: 
フラクタル集合引力圏: 
フラクタル集合同一周期性連絡網: 
フラクタル親集合: 
フラクタル子集合: 
フラクタル生成関数: 
フラクタル曾孫集合: 
フラクタル孫集合: 
フラクタル玄孫集合: 
プログラミング言語: 
ブロック長: 一度に暗号化処理するビット、あるいは、バイトの長さ。長くなるほど暗号としての強度が向上する。
平角: 
平角アトラクタの可視化: 
平角渦巻き: 
ベクトル最適化と最適化率: 
偏角可視化法: 複素漸化式演算時に、「桁溢れを事前察知して」演算を打ち切る時の偏角値を、決められたCLTに基いて着色する可視化手法。
ポストカット(PostCut)
ポストドロウ
マンデルブロ、ブノア B. ⇒Mandelbrot, Benoit B.
マンデルブロ集合: ⇒Mandelbrot Set。 f(Z) = Z2+μ の μ平面図形のこと。.
マンデルブロ集合の子集合
マンデルブロ集合(Mandelbrot Set)の集合内部をも解析可視化した色循環動画 (カラーサイクリング): Color Cycling of Mandelbrot Set.
認印型「ITSS」: 情報技術安全保障システム「ITSS」の内、認証が民間レベルの、商品「ExpIT」を指す言葉。
民主主義の最大の欠陥: 最高最良(100点満点)の知見が、偏差値において最大となる中庸(平均点)の意見に因って抑圧されてしまうところです。
明度: 任意の色彩の明るさの度合い。光源の場合は明度ではなく輝度という。一般に「白い」「黒い」は明度の違い「明るい「暗い」は輝度の違いをいう。
木版画
玄孫集合⇒フラクタル玄孫集合
油彩刷り
油彩刷り木版画風「フォトカット」: 画面全体から受ける雰囲気(Atmosphere)が、和紙に油彩馬簾刷り、または、洋紙に油彩プレス刷りの、板目木版画風である「フォトカット」。
よしえ・ぴくろーる: 井村好枝の手織り布の数十倍拡大画像の横方向自動スクロール
読み込み時間
ラピッド法⇒フラクタル集合内部解析高速処理手法
理由: 訳(わけ)。
輪廻:
輪廻図形:
レイヤー: イメージを合成するために予め用意して置くイメージ保存領域。
レイヤー合成: 複数の「レイヤー」を活用するイメージ合成のためのCG処理手法の一つ。
分かる: 分別できる。
解る: 能動的に分かる=(理屈が)解る=理解できる、(事情が)解る=了解できる。(拓額的に、独学的に、集団学的に)思惟的に分かる。
判る: 受動的に分かる=(結果が)判る=判断できる、(物事の善悪が)判る=判別できる。 露見する、露呈する、バレる。
訳(わけ): 理由、根拠。
訳の解らない: 理由が理解できない(=聞き手の知的水準が低い場合)⇔根拠が不明朗な(=話し手の知的水準が低い場合)。
和風: 日本風。ジャポネスク(Japonesque)。
和風「フォトカット」: 画面全体から受ける雰囲気(Atmosphere)・気分(Mood)・趣(Elegance)・気品(Grace)が日本風である「フォトカット」。
0点⇒ゼロ点⇒特異点
1+1=0である常識、1−1=0である非常識:
1+1=1である常識、1−1=ー1である常識:
1+1=2である非常識:
2の2乗根⇒平方根
2の3乗根⇒立法根
2の4乗根
2の12乗根
2の256乗根
2の65536乗根
3Dコード⇒三次元バーコード
3Dバーコード⇒三次元バーコード
Ada
AESOP Corp.⇒ 株式会社イソップ
AlgorArt⇒アルゴルアート
Algorithmic Print⇒アルゴリズム版の版画
Attractor⇒アトラクタ
C言語
CCO法⇒固有着色周期性最適化手法
ExpIT: 情報技術安全保障システム「ITSS」の内、認印型(認証が民間レベル)の、商品名。
ExpITの暗号化処理の実証実検
f(Z) = Z2+μ の Z平面図形: 狭義のジュリア集合図形
f(Z) = Z2+μ の μ平面図形: 狭義のマンデルブロ集合図形
f(Z) = Z3+μ の Z平面図形
f(Z) = Z3+μ の μ平面図形
f(Z) = Z4+μ の Z平面図形
f(Z) = Z4+μ の μ平面図形
f(Z) = Z5+μ の Z平面図形
f(Z) = Z5+μ の μ平面図形
f(Z) = Z6+μ の Z平面図形
f(Z) = Z6+μ の μ平面図形
f(Z) = Z7+μ の Z平面図形
f(Z) = Z7+μ の μ平面図形
f(Z) = Z8+μ の Z平面図形
f(Z) = Z8+μ の μ平面図形
f(Z) = Z9+μ の Z平面図形
f(Z) = Z9+μ の μ平面図形
f(Z) = Z10+μ の Z平面図形
f(Z) = Z10+μ の μ平面図形
f(Z) = Z11+μ の Z平面図形
f(Z) = Z11+μ の μ平面図形
f(Z) = Z12+μ の Z平面図形
f(Z) = Z12+μ の μ平面図形
f(Z) = Z13+μ の Z平面図形
f(Z) = Z13+μ の μ平面図形
f(Z) = Z14+μ の Z平面図形
f(Z) = Z14+μ の μ平面図形
f(Z) = Z15+μ の Z平面図形
f(Z) = Z15+μ の μ平面図形
f(Z) = Z16+μ の Z平面図形
f(Z) = Z16+μ の μ平面図形
f(Z) = Z17+μ の Z平面図形
f(Z) = Z17+μ の μ平面図形
f(Z) = Z18+μ の Z平面図形
f(Z) = Z18+μ の μ平面図形
f(Z )= (Z+1/Z)λ+μのZ平面図形
f(Z )= (Z+1/Z)λ+μのλ平面図形
f(Z )= (Z+1/Z)λ+μのμ平面図形
Fortran
i-gram: アイグラム。実印型アイティ−エスエス(ITSS)の登録商標名。
IT: Information Technology(情報活用術)の略称。
IT安全保障関連知見: ITの安全を保障するための究極的知見。システム商品名の総称をITSSと呼ぶ。
ITSS⇒アイティーエスエス: Information Technology Secure System(情報活用術安全保障システム) の略称。
ITSS-Mail: ITSSの、公的、半ば公的を含む最重要業務。
ITSS遺言書: ITSS方式による遺言書。
ITSS課金徴収代行: ITSS方式に夜課金徴収代行サービス
ITSS銀行: ITSSのリアルタイム認証(公証)は、「振り込め詐欺」撲滅の最善の切り札。
ITSS契約書: ITSS方式による契約書。
ITSS健康管理センター: 生命に関わる急病や事故、また、医薬品の二重・多重投与を防止するために不可欠。
ITSS航空管制: ハイジャックテロ撲滅のために不可欠。
ITSS交通管制・管理: 交通安全や中古車市場、車の盗難防止など、車に関する様々な難問解決に不可欠。
ITSS公証: ITSS情報の信憑性を認印から実印に格上するために不可欠。
ITSS私書函⇒ITSS電子私書函
ITSS情報貸金庫: ITSSは、単なる貸しサーバ業務では不可能であったインターネット事業を活性化させる!
ITSS知財図書館: E-ビジネスは、これが備わって初めて真に活性化する。
ITSS知財保護センター: ITSSは、芸術著作権やコンピュータソフト著作権保護の切り札でもある。
ITSS電子公証役場: ITSS情報を公的文書として保証するために不可欠。
ITSS電子私書函: ITSSは、登録者全員が、専用のポストと私書函を持つ。 ITネット関連の犯罪防止の切り札。/td>
ITSS投票: ITSS方式による投票。
ITSS 電子封筒: ITSSは電子封筒を電子メールの常態とすることで、コンピュータウィルスの蔓延を撃破する。
ITSS電子ポスト: ITSSは登録者全員が、専用のポストと私書函を持つ。 ITネット関連の犯罪防止の切り札。
ITSS電子メール⇒ITSS-Mail
ITSS登録センター: ITSSが世界中で活用されるためには、本人の責任において、まず、登録
ITSS登録センター窓口: ITSSの登録対象は「
ITSS内部ネットワーク: ITSS情報が、「交通情報の大渋滞」に巻き込まれなくするために不可欠。
ITSS内容証明: ITSS方式による内容証明。水面上サービスと水面下サービスとがある。
ITSS配達証明: ITSS方式による配達証明。水面上サービスと水面下サービスとがある。
ITSS封筒⇒ITSS電子封筒
ITSSポスト⇒ITSS電子ポスト
Julia, Gaston (1893/2/3-1978/3/19) ガストン ジュリア(数学者)
Mandelbrot, Benoit B.: ブノア B マンデルブロ(1924/11/20- : 数学者)
Mandelbrot set: マンデルブロ集合。 マンデルブロとそのブレーンが1980年に発見した「20世紀に発見された最も複雑なもの」と称される図形
Mandelbrot Set by Kiyoshi IWATA. : マンデルブロ集合内部をも解析可視化した色循環動画 (カラーサイクリング)
Marianne Silvine Refoeld (1942/7/16-1964/2/22) マリアンヌ シルヴィーヌ ルフェール: 私の最初の運命の女性
Micro Computer マイクロコンピュータ(略称:マイコン)
Micro Map  マイクロマップ(私のアルゴリズム版の版画の題名)
Micro Map Generator マイクロマップジェネレータ(私のアルゴリズム版の版画を演算生成するプログラム名)
MoMA(=Museum of Modern Art) ニューヨーク近代美術館の正式名称
OA⇒オフィスアクション
patent⇒特許
patent trawl⇒パテントトロール
PhotoCut⇒フォトカット
recurrence formula methode⇒漸化式法
recursion formula⇒漸化式
recursion relation: 再帰関係⇒漸化式
RSA暗号⇒公開鍵暗号
RSAデータセキュリティ社: 公開鍵暗号の発明者たちが創設した暗号ソフト会社。
Saddle⇒サドル
Visualization⇒ 可視化処理
XYスコープ
XYプロッタ
λ
λ平面図形: 広義のラムダ集合図形
μ
μ平面図形: 広義のマンデルブロ集合図形

元のページへ戻るには、ブラウザの「戻る」を御使用ください

Mail to: k-iwata@yoshi-tex.com

当ホームページは知的財産を保護されています。 掲載内容を、著者に断り無くコピーしないで下さい。 

Copyright ©1975-2010 Kiyoshi IWATA & YoshiTex, AESOP Corp. All rights reserved.